東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

話し手の一言

被災地の暮らしの再建、そして私たちの生活や社会のあり方を考える上で大事ではないかと思う話し手の言葉をご紹介します。

おすそ分けはしょっちゅうやってますね・・・独りでいる人でも隣近所の人達がおかず持って行ってあげたりとか。
前川笙子さん
今まで人と比べたり、自分自身の変なものがあって、それに対して勝手にストレスにしていたのが、関係ねんだなって思ってきた。
末永勘二さん
私は目立たず繋ぐ役でいいんです。ポジションは鎹(かすがい)かなぁ。
芳賀廣喜さん
行政で説明されるよりも、実際にやるときはこれだけの差があるな、ということが分かるんです。当事者ですから。
渡辺重一さん
津波は直接見た人じゃないとやっぱり分からないことがあるよ。テレビと違ってあまりにも酷かったんですよ。
村上リヱさん
漁で若い世代が働いていく場とか、漁業組合の組織とか、それこそ変わっていく必要があっと思うね。
東谷寛一さん
田んぼがあるのに、米買って食わせられては情けねぇのね。…だから、俺は百姓をすんだって腹を決めてた
西城新市さん
八王子や豊田市のボランティアさんは、今でも手紙寄こしたりハガキ寄こしたり、元気付けてくださってます。…長いお付き合いだねって言うの。
千葉幸子さん
ずっと町と生きた店なんだよね。
菅原栄子さん
(昔は)囲炉裏を囲んで大人の話もよく聞いたりしていました。
佐藤ミツ子さん