東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

話し手の一言

被災地の暮らしの再建、そして私たちの生活や社会のあり方を考える上で大事ではないかと思う話し手の言葉をご紹介します。

やっぱり居心地がいいんですよね。何が違うんだろう、他人がいないっていうのかな。
小笠原広美さん
少し嵩上げしてから、この場所にはやっぱ住みたいですよね。
芳賀廣安さん
職業とか地域とか連綿と続くものはね、やっぱりバトンを渡さないといけないと思う。
藤本俊明さん
この地域は、おせっかいだけども、道歩いていても「寄ってってー、お茶っこ飲んでってー。」というのが合言葉
村田幸子さん
震災前はみんなでやってきたんだから・・・やっぱりやってかなきゃ、私たちのためになんないって。
東谷幸子さん
震災前から町内会がかっちりこまめに連絡取り合ってたから、災害があってからの物資の配給とかも頑張れた。
前川成江さん
元いたところが大事っていうかさあ。みんな、前にいた土地さ、その地域さ集まってするって感じになりてえと思うね。
芳賀藤一さん
海を復活させて、若い人たちがな、やっぱり早く収入得られるようにしていかなくちゃな。
芳賀衛さん
べつに金くれじゃねけどさ、けなくてもいいから、けね人には規制かけんなっての。
釜石稔さん
年寄りといると、いろんな技術なんかが脈々とつながっていくわけですよ。
平野栄紀さん