東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

話し手の一言

被災地の暮らしの再建、そして私たちの生活や社会のあり方を考える上で大事ではないかと思う話し手の言葉をご紹介します。

今の大工は、電気のない国に行ったら大工できないんだよ。
佐藤忠男さん
季節のものはちゃんとその時にやらないとね。
阿部節子さん
皆我々を見捨てることなく背中を押してくれてる、そう思えただけで気持ち的に楽になる
遠藤勝彦さん
高齢者とか地域の人が、祭りはいつやるんだって催促してくるからさ。とにかく先に立ってやんなくちゃなんないから。もっかい太鼓打ちたいな。
阿部禎介さん
そういう(無愛想な)人でもね、こっちの方で言葉かけっかなっと思ってね…話しかけたらお互い言葉かけるようになったよ。
吉田アヤ子さん
一生ここでいるんでしょうから。浜の仕事をね、今まで手伝ってきたんですからね。
釜石澄子さん
周りの目があるから(子どもたちは)安全なのかなって思う。
吉田恵さん
何か地震、火事あったら、この人が一人暮らしの家行って助けるとかね、決まりじゃないですけどそれがあったんですよ。
吉田勝幸さん
やっぱ自分の好きな仕事だから早く感じるんだろうね。夢中になることだし。
村上庄一さん
(孫たちが)私の似顔絵描いて大きいのに描いてくれたから、私それ大事にして、「これは宝だ!」ってしまってね。それ流したのが、宝石よりも、惜しかったぁと思ってね。
吉田哲子さん