東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

話し手の一言

被災地の暮らしの再建、そして私たちの生活や社会のあり方を考える上で大事ではないかと思う話し手の言葉をご紹介します。

薪を作って、汗流すことによって、何か作り出しえるとか、俺たちにできることを今、行動に移して自立している・・・
芳賀正彦さん
後期高齢者の独り暮らしも結構あります・・・みんな待ってるんですよ。「入って入って」「お茶飲んできな」って。
近藤欣彌さん
何がねえだ、あれがねえだってでなく、最初に自立して経済を回していかねえと。
倉本俊博さん
だいたい前の家と同じようなつくりにしたいね・・・直し直して使い勝手が良くなってきていたんだよね。
佐々木彰さん
海が見えない景色は私は考えられないですからね。
佐々木良子さん
避難訓練を重ねていたから、あんな大きな揺れでも、子どもたちは動揺することもなく、誰も泣かずに。
芳賀真由美さん
経済はまたずうっーと悪くなってきている・・・私も、外行って買わないように、なるべく地元優先
芳賀文吾さん
漁師の人たちが浜の近くさいたいのはやっぱ本心だよ。
芳賀寛治さん
大きな行事ってお祭り・・・そういうのなくなると、本当に吉里吉里の町も何もなくなるね。
川原とよ子さん
仕事つうのは、師匠上がりしてっから、覚えるんだね。弟子にいるうちは、それこそなんでもすっからね。
倉本方紀さん