東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

人生は山あり谷あり。

死ぬまでにプラスマイナスゼロになってりゃいい。

003-top
  • 話し手: 釜石稔さん
  • 聞き手: 福島空
  • 聞いた日: 2011年7月9日
  • 003/101

 

私は釜石稔(かまいしみのる)といいます。生まれは昭和21年12月13日。ここで生まれてな、離れたのは4年間だけさ。大学さ行ったんだけど、そん時だけさ。帰ってくるのが条件で出してもらったから仕方ねく。

今はそこの出光のガソリンスタンドを経営してんだけどさ。ガソリンスタンドを始めたのは俺が大学2年のときだから、昭和40年10月1日。前は中の通りでやってたから。前は国道が無かったからさ、これは45年に開通したから、国体のために。国道沿いでの営業は、俺が帰ったときからさ。

家族はうちの女房が18年前にお星様になって、いまは長女も嫁ぎ先のほうに、釜石市小佐野の学童保育やっててさ、もうそっちに嫁さんに行ってるからさ、孫も。そっちも皆元気で。次女も仙台で、そっちも、それなりに相手がいる。後は長男だけまだ、末っ子だから、いま28だか、9だか。仙台にいる。

 

実家と生家?家をつなぐということ

おやじはひとりっこで、一族の総本家さ養子にいって、そこは子どもが無かったからさ、俺はもとのうちさ戻ったのさ。両方を継続しなきゃなんねからさ。兄弟は5人だけど、実際は俺はもう生まれた時からよそのうち入ったからさ。よそのうちったって実際は本当のおじいさん家さ。昔の家はさよくそういうことやったんさ。つないでいくためにさ。おやじの弟として、戸籍に入ったの。生まれた時からさ、戸籍はおやじの弟になってっけど、実際じいさんばあさんと一緒に暮らしたのは小学校5年から。あどはずーっと兄弟と別れて年寄りと。

じいさんは高校も反対したんだから。自分がさ早稲田、かっての東京専門学校ていってさ。自分が学校さ1日もいかねえで、金送れー金送れーってさ。で客船でアルバイトみたいなことやって世界一周やってみたりさ。そんなことばっかやっててさ、東京さ行くとロクなもんにならねえって。で、実の父親が、かわいそうだから俺がやっからって、金のかかる入学金だのなんだかって。金のかからなくなると、俺の方さ戻ってこいってじいさんが、だって皆親子なんだからさて。ずるすけなんだ。いまは一族の総本家は弟が継いでる。それも流されたんだ、ローソンの後ろだったからさ。

 

実家の生業:戦前

実家は戦前は漁業やってた。吉里吉里では戦後はもう船は復活したったけどさ、うちでは乗る人もいないし、皆全部徴用で戦争に行ったからさ、そいでハ、やめてったの。戦後はもう一切海から手えひいたから。それでも、それなりに海岸さ遊びさ行くと、昔じいさんに世話になったのが、これ持ってけっていろんなもの、魚をさ、家族で一日食べる分ぐらいは、ちっちゃこいバケツにくれた。

戦前はね、全員雇ってた。一人も乗組員は家族からは出てない。じいさん自らも乗ってもいない。船は3隻あって、それぞれに10何人ずつ乗って、信頼できるやつを一人ずつ船頭にして、やったらしんだけど。俺は話でしか知らんから。それが運が良かったのは、上手くあたったらしんだ。その頃はスケソウダラ、北洋サケ、マス、イカ、そういう感じでなかったんでねべか、話にしか聞いたことねえからな。

そして、戦争で乗組員みんな持ってかれた。徴用ってやつで持ってかれた。それでもう、全部船を離して。それで50年ぐらい資産を切り売りしながら、生きてきた。それでも50年生きたからまあまあ、それでも困んないようになってたから、もっともっとあったんだ。

そして戦後、みんな戦地から帰ってきても、もう漁業に手え出さなかった。やっぱ心境の変化でしょう、おそらくね。昭和38年を境にして船は自分の家から家族が兄弟たくさんいてやった人だけが成功した。あんまり漁もよくながったからね。どうだったかな、人の運勢だからね、わがんねけど。

 

実家の生業:戦後

昔は現金収入ってそんなにねえんだ。うちでは豆腐。それだってほんのちょっとね。お店でその日さばける程度やる。あとはうちらは現金収入てのは、にわとりの卵売りさ、店さ卸す程度で。

田畑は、うんまあ、一応ね。内陸からみればはずかしいアレだけれど。一応、私が生まれた家は、それなりに、一番二番くらいの田んぼ持っててさ、ここではね。内陸さいぐと、ばかばかしい、いやほんとにそうなのよ。うちらは一切売らない、うちの分。ただしよそからも買わないぐらいなわけよ。そして、働いてくれたひとに秋に日当を。そのくらい。

畑はあちこちにあって。麦、野菜、大根…みんな作ってたよ。農作業に関する物はそうそう買ってないから。ただ出荷はできない、家族を賄うぐらい。手伝いもしたした。いまは全然横着でなんもしねえ。

 



■ 岩手県大槌町吉里吉里

岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら