東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

日常の何でもないことから繋がりを。そして感謝を

008-top
  • 話し手: 前川成江さん
  • 聞き手: 高橋あゆみ
  • 聞いた日: 2011年7月31日
  • 008/101
ページ:2

私が感じた人の役に立てることの素晴らしさ

 看護師であった為にね、お寺さんでも看護師さんって言って皆私のこと頼りにしてくれて。私、百人もいる中で伝染病が起こったら大変だって思ってね。保健の仕事はきっちりやって、ここからは感染者を出さないようにしようって一心だった。毎日うがい薬を作って、コップを滅菌消毒して、皆のペットボトルに1人ずつ名前書かせて。毎朝のミーティングの時にね、私の出番を作って貰って、「運動少ないから運動してね、いっぱいお水を飲んでね、うがいと手洗いをしてね」ってお話する時間を頂いて。そこを取り仕切ってた人がね、私を厚生大臣って呼ぶようになって、私も調子に乗ってみたりして。トイレのお掃除もね、私ももちろんやるけれども、皆にも協力して頂いて、良い時は褒めたりとか。保健所のチェックが入るんですけれど、保健師さんから掃除を褒められたよって皆に言うと、私より年上の人ばっかりだったけれど、良かったって喜んでねぇ、すごく協力してくれました。

 赤ちゃんもいてね、お風呂入れたり。瓦礫の中からお腹のおっきい人が救われてきて、それでお腹が痛くなってね。満期産の人ならね、産ませればいいけれど、9か月の妊婦だったから、産まれたらもうまずいからね。ちょっとビビってしまったねぇ。それで急いでお医者さんに運んで貰って。今はその人無事に出産してますけれどね、お役に立ててよかったなって。勤務してた時よりもね、すごく看護師になってよかったって、心の底から思いました。勤務の時には得られないような充実感だったよねぇ。ほんと。

 私ね、皆何が必要かなっては考えることは出来なかったけれど、自分が出来る事はしようって思ってたんです。避難所にいた時は、大勢の人達から励ましの手紙がいっぱいきました。だから、住所が解った人達には全員にお返しの手紙を書いたんです。そしたら『被災地からお手紙を貰うなんて感動しました!』っていう逆の感動のお手紙がいっぱい来てね。本当に幸せでしたよ。切手を送ってくれたりして。助けて頂いた人達には何かあった時には私たちも何かの形でお返ししたいなっていう気持ちでいっぱいなんです。

 千葉市とか、大阪のお医者さん達が避難所に定期的に来て下さってね。色々愚痴も聞いてくれるんです。皆、大切な人をなくしたり、病気になったらどこ行ったらいいんだろうとかって色々と不安を抱えていましたから、すごく助かりました。

 自衛隊の人達にも物資の配給ですごくお世話になりましたよね。私がお寺から帰ってきた頃には吉里吉里全体に物資が来ましたので、私、3丁目の物資の係にさせて貰って、居住状況のリスト作って、全部配布しました。自衛隊の人達は、激務だったと思うけれどね、ほんとにすっごく優しくして貰ってねぇ。だから帰ってしまう最後の日に、『吉里吉里の人達はみんな生まれかわったら自衛隊になりたいと思ってます』ってお礼状を渡して貰いました。自衛隊の人、感動して泣いて下さったみたい。その日、自衛隊の人達が帰るので皆さん道に出てお見送りして下さいって放送があったんです。雨が降ってたんだけれど、子供からお年寄りまで皆沿道に出てた。吉里吉里の子供達も自衛隊を希望する人が増えると思います。それくらい、すごく良かった。こういう感謝の言葉を伝える事は自分で出来るから、私はしました。だから繋がりってすごく大事ですよね。たくさん亡くなって、かわいそうなこともあったけれど、何だか心温まる事が多かったように感じますね。

 

日頃から繋がりあうことの大切さ

 震災の後も皆しっかりしてましたよね、お互い様だから。いっぱい物品失ったけど、それは買えるもの。話しててもね、無事でよかったがねって。皆、『生きたんだから、お役に立たなくっちゃ』って思ってるんじゃないかな。皆のお蔭でここまで来れたって。吉里吉里のチームワークはね、日頃の何でもないようなことでも、例えば婦人会の会員になって頂いているとかね、そうやって手を繋いでいるからなんです。震災前から町内会がかっちりこまめに連絡取り合ってたから、災害があってからの物資の配給とかも頑張れた。それに、塩わかめ作るとかの人手がいる時期には、家庭にいる吉里吉里中のあらゆる人が、1ヶ月くらい芯裂きとかのお手伝いしに働きに行くの。漁業者じゃなくても。だから、常に交流がありますよ。地元の人は小中までが皆同じだから皆知ってますし、他所から来てる人も誰々のお嫁さんとかって分かります。こんな風に吉里吉里では、知らない人はほとんどいないの。だから1人ぽっちになる人っていなかったと思う。特に私は助産師だったから、吉里吉里の子供たちは実際に取り上げてなくたってほとんど関わっていて皆知ってるし、今は婦人会長として学校の卒業式とかにお呼ばれするようになって、取り上げた子の成長を知って涙が出たりしてね。吉里吉里の人の繋がりが良くわかります。

 



■ 岩手県大槌町吉里吉里

岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら