東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

一緒にいる人を安心させる、太陽のような人。

012-top
  • 話し手: 村田幸子さん
  • 聞き手: 高附彩
  • 聞いた日: 2011年7月30日
  • 012/101
ページ:2

私の家族と地域

吉里吉里の団結力、地域に誇りを持っています。団結、和がある街で、よそからお嫁さんが来ると入りにくいところはあるかもしれないけれど、一度地域に入り込むと、血縁、血のつながりが多いので、まきって言うんですけど、漢字は「巻」かしら、家のつながりがあるんですよ。その構成で互いに高めあっていくというか、そういうところがある街ですよね。いい所もあれば悪いところもある街ではあるんですけど、私はこの吉里吉里に生まれて、高校までこちらにいて、東京のほうの洋裁学校に行って、宮崎に嫁いだんです。

 

今の家族は、主人と私と子供が2人と私の母親。主人は商船に乗っていて、貿易船なので一旦船に乗ると1年くらい帰ってこない。だから、船が帰ってきて3ヶ月ぐらいのお休みの期間中に宮崎に居て、商船が出て行くと吉里吉里に帰ってくるという生活をしていました。ただ彼は九州男児という誇りを持っておりますので、最終的にこちらに来てもらうのに大変骨が折れました。説得に14年かかりましたよ。

 

お母さん方が8月につくったコミュニティカフェ

この地域は、おせっかいだけども、道歩いていても「寄ってってー、お茶っこ飲んでってー。」というのが合言葉みたいな感じになっている。気心も知れているし、いい所も悪いところも皆知っている。見栄はる必要もないし。冠婚葬祭も村中で助け合う。そういう精神がある。今でも、親戚でなくてもどこかで結婚式があるとおめでとう、というお届けをするような土地。小さい頃から、何代も昔から助け合いというのは当たり前のようにやっている土地柄。リーダーになる人が人格者でないと付いていかないし、助け合わなきゃ生きていけないんだということを一人ひとりが本気で思っていることなんだと思う。

 

津波のとき

地震があったときには私と母親と娘は自宅に一緒に居ました。会社にいた息子が津波がくるというから家に帰ってきて、波が着たから海のほうの道には行けないと言われて小学校のほうに来たらバックミラーに波が来ているのが見えたそうです。小学校に避難していると思ったら私達が小学校にいないからビックリして、家に帰って来て、そしたら私達がいたから、何してるの、って怒られて。とにかく何も持たずに出てきた。息子がパニックになっているおばあちゃんを持ち上げて、小学校まで避難してきて、家族の絆というか、おばあちゃんを思う気持ちに感動しました。土煙で水蒸気のようなものが見えて、小学校に上がってみたら波が来ているのが分かりました。

 

旦那は、今は水産庁の取締船のお仕事をしています。津波があったときには仕事に出ていて北海道にいました。地震が来たときには情報がなかったという状態が3日ぐらいは続いて、私のほうはシフト表を見て、沖に出ているのであれば大丈夫かなと思いました。でも携帯もつながらないし、避難をしたときに誤報があって、うちの娘の名前が避難所のリストに載っていなかったので夫は娘はだめだったのかと思ってしまった。情報がない、正確な情報がほしい、と思いました。何日か経って新聞が来たときに初めて何が起きていたのかを知ったけれど、安否を確認するのにも大変だった。

 

家は、吉里吉里小学校の東側のすぐ下にあって、5、6年前に家を新築して1、2mぐらい嵩上げしたので難を逃れることができました。津波のあった夜には炊き出しが始まって、線路から上は大丈夫だったので、おにぎりをいただきました。3日目にはお味噌汁をいただきまして、あの日のお味噌汁は美味しかった。寒い日だったから暖かいものはとてもほっとした。皆さん自分も被害にあわれているのに、皆協力して炊き出しをした。皆小学校に避難しました。バスが4台あったのでバッテリーを起こしてストーブをつけて部屋を暖めてくれて電気をつけてくれた。油もなくなってしまっていたので父の弟がオイルターミナルに行って油を分けてもらって。津波の次の日には道路ができるように整備もされて、ヘリポートも作られたみたいで。そういう発想がどんどん出てきているのですごいと思いました。

 

実は妹夫婦が罹災しました。2人の間には息子が居て、今役場職員として一生懸命働いていて、私が泣くと私のほうが励まされるんです。一番下の妹は釜石のほうで保母をしていて、仕事中に地震が来たので子供を避難させて保護者にお渡しして、自分の子供も気になったけれど、子供達を父兄の方にお返しする仕事が優先ですから夜中に家に帰って。翌日に役場に居た人が子供も大丈夫だよと教えてくれたそうです。でも千坂峠を越えてくることが難しかったから子供に会えるのに3日かかったそうです。

 



■ 岩手県大槌町吉里吉里

岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら