東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

町の電気屋さん

045-top
  • 話し手: 佐々木拓雄さん
  • 聞き手: 清水桜子
  • 聞いた日: 2011年9月23日
  • 044/101
ページ:2

震災当日

 地震があった時は、税金の手続きをしに出かけていたんだけど、家に帰ってなかったら多分ダメだったかもしれない。そこで何人も死んでるからね。商工会の人には行くなって言われたけど、嫁さんが勤め先から帰っているんじゃないかと思って、自宅に帰ってきたんです。そしたら隣の奥さんがね、船を見に車で行こうとしてたんです。嫁さんと妹には「先に上がってろ」って先に高台に行かせて、私は隣の奥さんに声をかけて、「一緒に逃げろ」って言ったんだけど、もうちょっと精神的にね…奥さんを止めることができなかった。その人は最後は自分の家の中で見つかった。止めれなかったんだもんね。

 その時にはもう山まで波が来てたから、逃げなきゃいけなくて、私も必死で逃げた。音が、すごかったもん。木が折れる音。ばきばきって。で、真っ黒の泥。それを見た瞬間、もうこれはダメだなと思ったもん。足で走ると死ぬかもしれないから、とにかく車で逃げようと、車で階段を上って。普通の高い階段ですから、8段ぐらいあった。それを軽トラックで、マフラーを引きずりながら上った。車乗るときには水位は膝ぐらいで濡れた。で、走っても間に合わないなと思って、車で上った。水位の勢いが一気だった。

 車で一番てっぺんに一気まで上がってきて、下を見てたんです。すごかったから。だって津波がでっかいお家、屋根、瓦を背負って、電柱をどんどーんだもんね。コンクリートの電柱ですよ。バキバキ折れるんだもん。高台には同じように逃げた人がいっぱいいましたよ。でも、結局逃げなかった人はみんな死んだから。逃げた人は助かったんだね。戻った人もいるからね、中には。何人も戻ってるから。私はぎりぎり助かったね、なんとか。

 でも、隣の奥さんを止めないわけにはいかなかったからね。止めても無理だったけどね。それが、残るんだよね。おじいさんが居たから、おじいさんだけでも引っ張ってくれば良かったかなって思うんだけど。まぁ、あの時はもう必死でした。

 

連絡が取れない

 最初は子ども達と連絡取れなかったですよ。娘とは4日か5日後ぐらいに会ったのかな。会うまで連絡取れなかった。津波が来てから1時間ぐらいで携帯はダメでしたね。最後はもう津波来てる最中にメールが入っただけですね。息子とも連絡が取れなかった。息子の嫁さんのほうで知っている人がNHKにいるんだけど、ある局長さんを通して、取材前に直接会って確認して欲しいってことで、避難所まで直接顔を見て確認しに来てくれた。そうして探してくれた。私は心臓の薬を飲んでいるために、薬を手配して送ってもらえたんですよ。いくらかね、臨時で出したけど、その頃は薬もなかったし、そもそも効かないんだよね。なので、助かりました。

 

親戚の所へ

 避難してからは、親戚の所にいました。8月の半ば頃までの5ヶ月ぐらいです。叔母さんの従兄弟と親父の兄弟の所。最初は18人いた。5家族ぐらいかな、従兄弟同士でね。普段はあえて集まることはないけど、今回はこういうのがあったから。最初の頃は電気も情報もなくて、まぁ大変。体調的には10キロ痩せました。避難所は特にひどかったと思うけど、ご飯3分の1、4分の1ぐらいかな、とふりかけ。それに海苔1枚か2枚とか。最初の頃はそれで暮らしてましたからね。

 

家が壊されてしまった

 自宅とお店は一緒だったんだけど、うちは倒れなかった。1階の物は水を被ってるけど、2階までは水が来なかった。でも、今はもう壊されてしまいました。当時はみんな気が動転して、壊さなくても良い家まで壊してしまった。壊したのは行政の人じゃないです。あくまで個人の地元の人です。何の知らせもなく。誰かから「家壊してるよ」って言われて、慌てたの。そしたら、後ろは穴が空いてて、半分なかったの。それが津波から3日目。そして壊されてしまった。どこに捨てたのかも、どこに行ったのか分からない。誰に聞いても分からないし。まだ2階が半分残ってたのに、勝手に壊されてしまった。

 

小売人の苦悩

 行政は自営業、小売人には特に冷たいですよね。漁業、農業は国民の食べ物でしょ? でも、小売業とか商業は自分らで食べるためにやってる商売ですよね。そういう考えが行政にはある。私みたいな所は、自分でやって自分で儲けているんだから、立ち直るのも自分自身で、っていうのが国の考えである風に感じるね。今お店を直してるんだけどね、工場に対しては上限2千万まで補助が出るの。で、商業の場合は店を直すのには1円もない。店の事務所に対しては出すけど、店を直す予算はないからねって、そう言われますからね。だから商売するなよって言われてる感じ(笑)。自分のことは自分でやる気持ちだけど、やっぱり店舗直すにしても、商売を始めるのに、事務所に対しては補助が出るけど、店舗にはダメだよっていうのがあるのね。それはちょっとおかしいんじゃないかなって思う。事務所だけに出るなんて、それはおかしいよね。事務的な仕事だったら分かるんだけど、小売人に対して事務所から始めるのは良いよっていうのはおかしいなって。それは、すごく感じます。役所に行ってもそういうそっけない返事しかないです、日本の国民に向けて。非常時だからね、それを分かって欲しいけどね。だから、身を削って仕事をするしかないです。

 



■ 岩手県大槌町吉里吉里

岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら