東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

思い出も流されたけど…やっぱり海

047-top
  • 話し手: 田中和成さん
  • 聞き手: 簑原茜
  • 聞いた日: 2011年7月31日
  • 046/101
ページ:2

思い出も流されて…

 何出てきただろう…ないですね、流されたんで。建物はあったんですけど、全部水かぶってしまって、あとはがれきが入ってきたり、引き波で持ってかれたりしたんで。写真くらいかな、あったのは。全部出して洗ったりして。結婚指輪が…、婚約指輪も全部流されてしまって、結婚式のDVDとかも…。思い出が消えたのが痛いですけどね。

 落ち着いてきましたよ。たまには眠れない時もありますけど。被災の直後とか、眠れなかったりするのも正常らしいですけどね。全国から消防の応援がきて、東京からも東京消防庁の人たち来てたんで、この前カウンセリングをしてもらいました。うちがあったからまだいいのかなって。実家があるから。こういうふうに避難生活してる人たちは精神的にも大変でしょうから。現実として受け止めるしかないんで。どうしようもないですからね。

 仮設住宅は大槌の山のほうに決まりました。自分たちは結構待ちましたね。できた順から抽選で。説明会が7月にあって、鍵もらってるんでもう入れるんです。

 住めるもんなら内陸に住みますけどね。仕事が仕事なんで。遠野とか、通勤で1時間通っても住みたいですね。自分の子供とかね、またこういう災害食らうと…。仮設は一応2年って言われてますけど、どこに住むかは復興計画次第じゃないですか。うちを建てる土地もないから、早く復興してもらわないと。

 

山を越えると別世界

 大槌と吉里吉里は同じ町内だけど、そこの山越えれば別の集落って感じなんでしょうね。特殊な地域ですね。孤立してるっていうか、そこで1個できてるっていうか。よそから見れば変に思われてるでしょうけど。まとまりありすぎるというか、そこの山越えるだけなんですけどね(笑)。

 何なんでしょうね、やっぱ親戚とかじゃないですか、昔からのつながりとか血縁関係とか。お祭りとかもそうですし。

 大槌では、自分たちみたいに若い夫婦だと、町内会は入ってるけど、活動的なものには参加しないですね。吉里吉里は、半強制です(笑)。

 嫁は盛岡で、内陸の人なんです。たまたま消防の研修に行ってる時に知り合ったんですけど、津波も分かんないで経験したので大変だったと思いますよ。ここから2時間、3時間かかるところだから。別な世界ですからね、海と山ですから。

 でも話を聞けば、ここの地区はまとまりがあったんですかね。大槌のほうでは自衛隊が頼りだったんですけど、こっちのほうは自営業者の人たちが自分のできる範囲でもうやってましたからね。自分たちでできることは自分たちで。

 

吉里吉里の今昔

 ここはあんまり変わんないような感じするけどな。昔に比べれば若い人は減ってるんじゃないですか、子供も減ってるし。俺たちのときはまだ2クラスあったんですけど、今1クラスしかないと思うんで。

 自分が小さいころは、海は結構行ってましたよ、潜ったり。昔はここ自然がいっぱいあって、まだ開発されてなかったんです。リゾートで開発されて、人が来て、いいといえばよかったですけどね。

 祭りは8月なんですけど、今年はあるかどうか分かんないですね。鹿子踊り(ししおどり)なんですけど、今も参加してますよ。郷土芸能なんで。子供にもやらせたいですけどね。ずっと受け継がれるもんなんで。

 吉里吉里も昭和のときはここらへんまで津波来てるんで、みんな上に上がって開拓したんですけどまた下がってきて…。実家の古いうちのほうは、じいさん、ばあさんのころはもっと下のほうにあったんですけど、20年前くらいに今のところに移ったんです。前回の津波よりも大きかったじゃないですか。今のところに建てたのはよかったですね。

 

教訓を伝えていく

 海は怖いですけど、宿命なんじゃないんですかね、ここに住んでれば。俺もじいさん、ばあさんから津波の話は聞いてましたよ。じいさんは沖に行って、ばあさんも逃げたらしいです。いつか来るって聞いてましたけど、まさか自分がこうなるって思いませんでした。まあ堤防も整備されてますしね。昭和のときも、ここ来てますよ。昔の資料見てても同じとこまで来たって言いますけどね。チリ津波のときも浸水して。まあその教訓が生かされるかどうかだったんですけどね。やっぱ年数経てば、みんな下がってきますもんね。

 昨年大津波警報が出て、自分たちが海面を監視してたときも1メーターとかでした。川溢れるくらいとかじゃなくて、波も引いたり来たりは見てましたから。まさかこんな、こんなっていうか、おっきいの来っと思わないんで。まあ油断してたんですね。

 子供には、映像があっから。残すしかないなと思って撮ったんです。あとはどう受け継ぐかですよね、教訓を。

 



■ 岩手県大槌町吉里吉里

岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら