東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

震災を通して得たもの―人とのつながり

SONY DSC
  • 話し手: 佐野孝治さん
  • 聞き手: 高橋あゆみ
  • 聞いた日: 2011年7月30日
  • 053/101
ページ:3

それでも今を生きる

 ただね、ばあちゃんは、最初は家が流されたところすら見らんなかったと思う。旦那さん、つまりうちの嫁さんのお父さんが頑張って建てた家なんだよね。俺が来る前に亡くなってしまったんだけれども。結局、嫁にしても親父の思い出がそのまま、ね。位牌も何もかも、全部一緒に流れちゃった。家はおやじそのものだったんだよね。娘の写真も全部流されちゃったけど…。でも、ちらちらと持ってきてくれる人がいる。見つけて持ってきてくれる人もいれば、山形のじっちゃんばっちゃんとか、嫁さんの弟に送ってたのがあって、それも持ってきてもらってるから、いくらかはあるんだ。

 震災後、いろんな人から話は貰ったんです。北海道に来ねぇか、とか、山形も。でも、中学校の避難所に移るまで、4月半ばに仕事に復帰するまでは、ほとんど張りつけでボランティアやってたし、そういうこと考える余裕はなかったですね。それに、バラバラになって、次なにがあった時にどうするっていうのもあって。嫁さんも介護の仕事してて。嫁さんも稼いでる、俺も稼いでる、ばあちゃんと子供だけ山形にやるっていう訳にもいかないし、それは嫌だった。おばあちゃん、和裁士だったんだけど、裁縫道具も流れちゃってね。本職だからさ、落ち着いて、やっぱりやるってなったらまた買うと思う。でも、こういう状況の今は、どこかの団体が持ってきてくれたセットでね。孫のちょっとしたものとか、作ってくれてるだけでいい。

 やっぱり何をするにも大変けどね。うちも仮設に移るよ、じゃあ片付けましょうって時に、4畳半・4畳半・6畳の、押し入れが1間半の広さなんだけど、荷物が入らなくて整理が大変だったし。それと買い物行くのも遠いけど、病院もね。大槌病院の仮診療所の近くに行かなくちゃいけないし、金融機関は20キロ先の釜石市に行かないとないし。夜間診療をやってるような病院なんかは30キロ先まで行かないとない。それでも、家族バラバラにとは思わない。

 

新たな人との繋がり、その大切さ

 ボランティアで知り合った人とは、飲み仲間って感じになってきたんですけど、やっぱり状況は様々ですから。飲んでる時に復興というか、とりあえずそういう話はまだないですね。結局皆今がいっぱいいっぱいだから。まずは「最近どうだ?」っていう感じです。家建てようにも、どこに建てていいかも決まってないですよね。浸水した所はダメだとかは来てますけど、代替地の話は全然来ていない。まだ先は見えないですよね。うちは嫁さんも俺も稼いでるし、皆元気だったから、動こうと思えば動ける。でも、何もなくなった人もいて。そういう人達をどうすればいいのかとかが決まらないと。うちが単体で家建てたって成り立たない。

 ただ、吉里吉里地区でも仮設に移ってしまってバラバラになってしまっているんですよね。近くに住んでた人が遠くの仮設に行って、ちょっと離れた所に住んでた人が隣近所に来て。知ってる人がいれば良いですけど、いないと孤立するだけですし。避難所でうちの近くにいた人は、仮設に行きたくない、出来ればここから動きたくないって人もいたね。そういう人もいるから、ここは全体で見ていかないといけない。

 次はあってほしくないけど、良い経験をしたとも思うんです。色々勉強になった。いろんな人がいて、いろんな考えがあって。今回のことが機会になって出来た繋がりがいっぱいあるんです。例えば、嫁さんの同級生の弟さんで、嫁さんは知ってたけど俺は知らなかった人とか。基本的に私はこっちの人間じゃないので、親戚周りは分かるんですけれど、それ以外の人達、職場以外の人達っていうのは基本的に何も関係がないので、接点はなかったんですね。ただ避難所で生活するうえで、ボランティアでいろんな所で動いていたこともあって、知り合って、名前と顔を覚えてもらったっていう感じですね。

 今回のことも、地域の人達の繋がりが深いから、出来た。そう思うんです。町内会がそれぞれの人数単位とかをちゃんと調べてたし、それで回ってた。それがおっきいんじゃないかな。都会だと、結局隣に誰が住んでるか分からないでしょ。組織は作らないと動かないし。個人で動いてもダメなんだなっていうのがある。その大切さに気付きました。

 

【プロフィール】

話し手:佐野孝治さん

昭和49年10月22日、山形県朝日村(現鶴岡市)に生まれる。高校卒業と同時に故郷を離れ、自衛隊に入隊。5年半勤めた後、運送会社に転職。10年ほど勤めたのち、結婚と同時に吉里吉里へ移り住む。現在妻の母、妻、娘の4人で仮設住宅に居住。

聞き手:高橋あゆみ

国連大学高等研究所 プログラムサポートアシスタント

 



■ 岩手県大槌町吉里吉里

岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら