東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

大工一筋40年。友だちいっぱいつくって家族を支えた

SONY DSC
  • 話し手: 川原繁夫さん
  • 聞き手: 鏑木洋子
  • 聞いた日: 2011年9月23日
  • 057/101
ページ:3

地震の日

 津波の日、大工仕事がちょっとひまだったもんでね、隣りの大槌町って、赤浜の、次男の嫁さんの実家で、午前中はワカメの仕事を手伝いに行って、そしてお昼頃に次男の孫を自宅に連れてきたんですよ、1歳何ヶ月かの。津波ちょっと前に、うちのかあちゃんが孫をおぶって新聞配達やってんだ。地震が収まった時に、かあちゃんのほうの実家に誰もいなかったから、見に行ったんですよ。で、すべて物が落ちたり、倒れてたったから、孫をおぶってたうちの家内を探しに行ったんです。それでね、うちのほうさ行ったっけね、歩いてったった。それで車で乗っけて。で、うちの末っ子の娘が家にいたったから、で、それを乗っけて、いまの高台に避難した。その時に波が来たった、途中まで。2分ぐらい遅れれば、もう駄目だった。実家の親父が流されたさ。かあちゃんの実家に行って、その実家さ行って、親父のそこへ行けば助かったったかもわかんねえなと、いま、それ悔やんでるんです。

 

一人で建てた家や大切な道具が津波で流された

 46歳のときに一人で家を建てた。大工の仕事は好きだし。骨組みだけ友だちに手伝ってもらって。まずね、先に土地買ったのさ。長男が中学校の頃かな。その頃はアパート住まいで、部屋が狭かったから。息子が成人の頃だで、家建てっかって言っとったのさ。家は2階建て。

 津波で、家の中に入った水がね、天井からちょっと下がったぐらいまであった。2階はなんともないんだけどね。1階のほうは、ほとんどサッシは全部壊れて、残ったのは、玄関のサッシと、茶の間の大きいサッシ。そこは開けて逃げたんですよ。そこだけが壊れなかった。案外、津波の場合は、開ければ水が入るけども壊れないってね、俺も後からそれは聞いた。

 津波の前は、大工の趣味で、ケヤキの一枚板を削って、脚作って、テーブル作ったりしたの。3つ目だな、作ってして。全部今度の津波で流されてしまって。

 道具も全部流された。自分で容易だと思う、気に入った道具、みんな流されてしまった。小遣いで買ってあった機械とかも全部流されて。いやぁ、悔しいんだよな、俺は。思い出すんだっけな、あの道具も流されたな、この道具も流されたなって。でも、津波の後、友だちが大工道具を持ってきたのさ。あと、東京のバンドローバーってボランティアグループがあるんですよ。その人たちが、大工をやめて老後暮らしてる人たちさ、そういう人の使わない道具を集めてきてくれて。それを少しいただいて、自分の家の直しをしてる。ほんとうは、土地を1回買って、家建てて、まず家族でそれで住んだら、またもう1つ買って家建ててえなと思ってたの。2つ目。震災にならない前、2つ目を挑戦するつもりだったからね、俺は。次男坊の家、建ててやっかなと思ってたんだもの。それができなくなったからガックリきた。

 

これから

 早く家直して、早くそっちのほうさ行きてえなと思って。仮設部屋では落ち着かないよ。その後は、仕事あったら、ちょこっと働いて、あとは自分の好きなのやりたいね。春は山菜採り、秋はキノコ。夏はね、釣りしたりね、海の釣りも好きなの。竿で釣ったり、あと、手釣りとかさ。あとは手伝い。手伝いながら釣りっこして。魚釣るんだよ。冬は海に行って海草採り。海苔とかね。あと、テーブル作ったりさ。友だちのも作ってやったり、いろいろあるのさ。作ってけろって言えば、時間だけね、いつそれまでって言われれば、仕事ない間に、作ってやっからって。だからけっこう、物貰って食べたりね、海の物を貰って食べたり。漁師とも付き合って、百姓と付き合ってる。たとえば野菜貰ったり、米貰ったり、いろいろするのさ。だから、海の物をいっぱい貰った時は持っていって食べさせるの。それで野菜持ってきて、物々交換する。

 長男が中学校終わって17から船に乗ってるけど、年取ってくるとね、自分のとこさ戻って来てさ、漁師やると思うんだよね。俺、漁師も、養殖関係も一人でできないんだって感じてるわけ。だから俺も、息子さ漁師をさせたけど、地元で漁師したときは、まずは俺、現役で働いてても大工はやめて、息子のほうさ、手伝わねばねえなっていうの、俺も自分でわかってるのす。まあ、どういうふうにしたらいいのか、わかんないけどね。うちの親戚でも養殖関係をやってっから、頼めばね、教えてくれたりするから。

 

【プロフィール】

話し手:川原繁夫さん

吉里吉里生まれ。吉里吉里生まれの奥さんと末っ子の娘の3人暮らし。15歳のときから40年間大工一筋で、5人の子どもを育て上げた。

聞き手:鏑木洋子

公益財団法人 東京財団 人材育成プログラム・オフィサー

 



■ 岩手県大槌町吉里吉里

岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら