東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

吉里吉里は「本当にいい町」

059-top
  • 話し手: 前川竹美さん
  • 聞き手: 若尾健太郎
  • 聞いた日: 2011年9月23日
  • 059/101

自己紹介

 前川竹美(まえかわたけみ)です。昭和17年12月13日の吉里吉里生まれ。以前は、息子夫婦が経営する飲食店の手伝いなどをしていました。住まいは持ち家でした。去年(平成22年)の11月に主人を亡くして、今は仮設住宅2棟に、息子夫婦と孫の7人家族でいます。孫は、おっきいのは高校2年生、次は中学校3年生、あと小学校1年生と4歳です。全部男の子で賑やかですが、孫たちに癒されてます。息子は、今はお墓の石屋さんでお手伝いをしてます。

 

昔の吉里吉里の海と仕事

 小さい時は海で泳ぎましたよね。アワビなどを採るのは、口が開かないと採ってはいけないんです。アワビの「口開け」ってのがあるんです。その日にちが決まっているんです。ウニもそうなんです。日にちが決まってるんです。海藻の口開けもあるんですね。その時は、マツモとかフノリとか海藻を採りに行きましたね。潮が引くと、岩から岩をはねて歩いて採るんです。組合員であれば、誰が行ってもいいんです。

 定置網だと、三陸沿岸の魚は何でも獲れますよね。スルメとか、サバ、イワシ、なんでも入りますよね。秋になると、秋鮭。獲れた魚は、どうにでもして食べますよね。スルメも刺身にしたり、煮たり、焼いたりですね。サバでも、刺身にしたり、焼いたり、あと鯖寿司にしたりとか。その魚によって、いろんな料理ができるんです。

 ワカメの養殖も津波でだめになったけど、何十年も知っているところにワカメのお手伝いに行ってたんですよ。このワカメの時期に。ちょうどね、津波の来る3月20日ごろから、「お手伝いしてねぇ」って、言われてたんですけどね。早いとこだと3月15日ぐらいから採るんじゃないかな。私たちはいつも3月20日ごろからお手伝いに行くんですね。

 私も中学校あたりかな、よく、いさばやさん(水産加工店)でね、イワシに煮干しを作るのを手伝ったりしたことがあるんです。いさばやさんっていうのは、いわしを買って、大きな窯で煮て、それを干してつぶしたのを、動物の飼料のために他に送るんですよね。親戚のうちだったもんで、中学校はじめか、小学校あたりかな、学校帰りとか日曜日に手伝ってたかな。

 小学校のころは、吉里吉里には漁船がいっぱいあって、イカ釣りの船があったんです。干したイカを伸ばすことを「のす」っていうんですね。スルメをただ干すと、先が丸くなったりするので、それを引っ張って伸ばして、天日干しにするんです。そうすると「べっこう」色になるんです。

 そのイカがいっぱいあるところのおうちに、学校の生徒たちがみんなで「のし」に行きましたよ。いくらか、100枚のして、10円か20円が学校の何かに役立っていたのかな。「今日は、どこのおうち」とかってね、学級でみんなで行くんです。

 今は、天日干しする家はほとんどなくなりましたのでね。津波前から、なくなってたんです。吉里吉里自体、船が無くなってきているし、若い人たちがもう船に乗らないからじゃないですか。みんな会社か、都市の方に出たりするから。

 

息子の店「凛々家(りりしや)」

 子どもは、息子と長女です。長女は、仙台に大学に行ってから、仙台で中学の先生をやってます。

 息子はずっとここにいます。高校終わった後、静岡にある清水海員学校(国立清水海上技術短期大学校)に1年間行ってたんですね。そのあと仙台のホテルに入ったんです。そこで4年、5年近く修行してきて、浪板の親戚がやっている「きりきり善兵衛」っていうお店があるんですよね。そこでお手伝いして、その後「凛々家」というお店を開きました。その合間に息子は、漁業の方、ウニ取りとかアワビとかしてるんです。息子は山も好きで、9月末から、マツタケも鯨山(吉里吉里北部に位置する山)に採りに歩くんです。漁業組合にも、ウニでもアワビでもあげて、店で使う分も採って、使うんですね。マツタケも店で使ったり、あまりいっぱいだと業者さんの方にも売ったりしてました。

 凛々家では、お蕎麦もしたり、定食も出したりしてましたね。お客さんは、ここら辺の人で、25人入る宴会部屋もあって、結構、忙しかったですね。息子と、息子のお嫁さんとお手伝いさんでやっていたんです。11時から店を開けて、お昼2時で一度閉めて、夜の準備をして、夕方5時からやって、飲む人がいると限りなく開けてます(笑)。

 凛々家の特に喜ばれていたメニューは、石焼ビビンバかな。あと、鯨山の名前を取って、「鯨山ラーメン」ってのがありました。自家製チャーシューを入れた辛いラーメンでした。

 この津波に遭ったのは、お店を開いてから6年目さ入ったときにですね。

 



■ 岩手県大槌町吉里吉里

岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら