東京財団×共存の森ネットワーク 被災地の聞き書き101

暮らしを語り、想いをつなぐ。

お問い合わせ

教員としてこのまちと。

また、お花づくり、やりたいです。

SONY DSC
  • 話し手: 吉田幹夫さん
  • 聞き手: 佐々木明日香
  • 聞いた日: 2011年12月10日
  • 070/101
ページ:3

このあたりは過ごしやすい、いいところだよ

 この土地も、いいところだったんだけどね。箱根山っていうのがあるんだけども、そこに登ると、この広田湾が一望に見えるので、そこからの眺めもいいですよ。

 米崎町に普門寺っていう古い大きなお寺もあるんです。あと、氷上山っていってね、ここも眺めいいんですよ。874メートル。海も一望できる。

 昔から、畑なんかもあるけどね、何軒か家があって。まあこのあたりの人たちは、海の仕事をしてたし、養殖、漁業ね。養殖は主にホタテと、それから、カキ、ワカメ。特にカキなんかは有名だったんだけどね。

 岩手の小中学校はね、夏休み期間が24、5日しかないんですよ。夏休みも、冬休みもそれくらい。だから、東京とか、神奈川とかから見れば、冬休みは長いよね。12月の26、7あたりから、1月の18、19あたりまで休みだから。

 でも、ここのあたりは雪は降るには降ってもそんなに量は降らないの。積ってもまあ、15センチとかで。だからこのあたりは、あったかくて、過ごしやすいところだよ。

 

7万本の松が全部流されてなくなった

 妻と生まれた場所で住んでたんですけど、津波で全部流されちゃったから。

 ここはね、高田松原海岸って言って、気仙川から海岸線までだいたいずーっと砂浜だったんです。泳いだりもできるし。だいたい2キロの砂浜があって。そして海岸線に沿って7万本くらいの松林があったの。その7万本の松が全部流されてなくなった。たった1本だけ残ったのが「希望の松」て言うのね。でももう、枯れはじめて…枯れてしまったんじゃないかな。

 線路もめちゃくちゃにやられて、駅舎もないよ。特にひどいのが、この小友駅の集落はいっぱい家が集まってる所だったんだけれども、すっかりやられちゃった。陸前高田は中心地で活気もあったわけ。魚港もあって仕事もあるから。それも全部やられたからね。

 

漁業は大変なんです

 養殖、漁業とかって言うけど、広田の方でもそうだけど、みんな年寄りがやってるんです。農業もそう。親子代々っていう家はまず少ない。だから、広田半島っていう所はね、海に囲まれてるから、昔から漁業の町だったんです。ところが今ではもう、ほんとに少なくなってる。やっぱり親の苦労してる姿見てるからね。親もまた苦労させたくないと思うから、無理してそれをやれとは言えないんですよ。

 機械化が進んでも、それでもやっぱり大変なんです。でも少しずつでも復興させていかないと、この地域の活性化にもつながらないですからね。

 

家建てるとしたらやっぱり同じこのあたりがいいね

 早く復興してほしいね。早くったってあと10年も20年もかかって復興していくんだからね…。

 家建てるとしたらやっぱり同じこのあたりがいい。このあたりの高台に建てようって言ってる。まあ、どうなるか。もう来年でも再来年でも、早ければ早いほどいいんだけれど。全体の復興との絡み合いから、私達が家を建てて出来上がるのは、4年なり5年なり、先になるんじゃないですか。あとはまあ、家がなくなったので、私達夫婦だけだったらば、どこに住んでもいいんだけども、子どももいるから、それらの為にも、やっぱり、どっかに家建てなきゃなんないのかな、と思って、まあ、4、5年後あたりには建てようかなって思ってるけどね。

 

このあたりで花つくったり野菜つくったりしたいね

 結婚してからはね、農業のまねごとをやったりしてました。畑と田んぼは、実家のあたりに畑があったので。主に花づくりです。いわゆる切り花として、売りに出す。冬用のビニールハウスを持ってたから、その中でフリージアをやってたね。フリージアが終わると、夏はトルコキキョウ。後は、お盆にあわせてアスターとか菊とかを畑で栽培してね。花づくりは、好きって言えば好きなんだかね、うん。

 始めたのは何年前だろうな、14、5年前からかなあ。今はやってない。だってね、すっかりその畑も、全部津波にやられてしまったから。だからね、来年あたりからちょっと畑を整備して、昔ほどではないにしても、少しずつやりたいな。奥さんもまあ、そう思ってるんだと思う。だからね、このあたりで畑つくって、花つくったり野菜つくったりしたいね。自分のうちで食べるくらいの野菜などをつくったりして、余生を過ごそうかなと思ってるんです。

 

【プロフィール】

話し手:吉田幹夫さん

39年間岩手県で小学校教諭を務め、現在は町の民生委員を務め、奥様と2人暮らし。2人の息子さんがいる。

聞き手:佐々木明日香

玉川大学文学部比較文化学科3年

 



■ 岩手県陸前高田市田束地区

宮城県南三陸町
「聞き書き」とは 詳細はこちら 一覧はこちら